「親の家」で働く職員の声

水木 洋輔
ユニット部相談課 課長(平成19年入職)

私は、「親の家」に勤めて11年目になるのですが、大学受験の前に、この先何がやりたいとか決まっていない時に「君は優しいから介護に向いているんじゃない?」と祖父に言われたことがきっかけで介護業界のことを知りました。「そんな業界があるんだ」と興味を持ち、福祉系の大学に進学したんです。就職活動をしている時に、当時まだ浸透していなかったユニットケアの施設があるというのを先輩に教えてもらい見学に来たのが「親の家」に入ったきっかけです。

利用者だけではなく
職員同士にもアットホームさが備わっている環境

「親の家」の魅力は、利用者さんにとってアットホームな環境だけではなく、職員同士にもアットホームな環境が備わっているなと感じます。本当にみんな仲が良いんですよ。私が入社したばかりの頃は、わからないことも多く大変な思いもしましたが、たくさんの先輩方が支えてくれました。介護業界は人間関係を理由に辞めてしまうことが多い業界ですが、そういった先輩方のおかげで、辞めたいと思ったことは一度もないですね。

今、私は生活相談員として働いていますが、今までの先輩に支えてもらった経験があるからこそ、自分の下に入ってくるにも人間関係が辛くて辞めたいという思いは絶対にさせないように意識して仕事をするようにしています。

辛い事も皆で共有して、
一緒に考えられる人がたくさん居る

介護未経験の方も大歓迎!

介護業界が未経験でも、介護に詳しくなくても構いません。誰でも歓迎したいと思っています!普通のことを普通に感じる、あたり前のことをあたり前と感じることができる人なら、利用者さんに寄り添うことができると思います。どんな仕事でも大変なことはありますが、誰かだけが大変な想いをすることのないように皆で協力し合える環境を作れるよう、日々意識して働いています。
そんな気持ちを持った職員がたくさん居る事も「親の家」の良さだと思います。

ゆったりとした時間の中で
時間に追われない働き方ができる。

親の家は、職員が時間に追われていないというのが大きな特徴です。空いた時間に利用者さんと話したり、おやつを取りに行ったり、ゆったりとした時間の中で働くことができます。楽しく介護がやりたい方は、ぜひ一度見学に来て欲しいと思います!

求人採用のエントリーはこちら

エントリーフォームへ